心を整える。

サッカーの日本代表キャプテンを務めた
長谷部誠選手の著書
真面目そうな人だと思っていたけど
やっぱり真面目だった
「心を整える」っていい言葉だなぁ

心は鍛えるものではなく、
整えるものだ。
いかなる時も安定した心を備えることが、
常に力と結果を出せる秘訣だ。
自分自身に打ち勝てない人間が、
ピッチで勝てるわけがない。

心を整える

カテゴリー:

水丸さんのゴーシチゴ

安西水丸さんの俳句の本
絵は本人が選んだものではなく
今までの絵から選んだものだけど
読んでいてとても心地いい
というか絵に俳句のリズムがあるのかも
俳句の書体がちょっと気に入らないけど

水丸さんのゴーシチゴ

カテゴリー:

わけあって絶滅しました。

絶滅してしまった生き物を
おもしろく紹介した本
絶滅までの経緯と原因
「こうすりゃよかった」の文章が
とにかく楽しいんだけど
人間が原因の場合が多く
冷静に考えると残酷な本

この本には教訓がたくさんあり
ラクな生活ばかりしていると
絶滅=失業してしまうと思った、、、
下手な自己啓発本より説得力があって
「こうすりゃよかった」と言わないように頑張ろう

わけあって絶滅しました。

カテゴリー:

スタンフォード式 疲れない体

スタンフォード大学で
アスレチックトレーナーをしている方の著書
在学中に何十億円という金額で契約する
大学生もいるそうで、、、さすがアメリカ
そこでの健康管理の方法などが書かれている
もう「巨人の星」のような根性論の時代ではない
先日読んだ「人生が変わる最高の呼吸法」にも
共通の情報も多かったが
呼吸方法が大事だなぁ
この歳になると疲労回復はとても重要

スタンフォード式 疲れない体

カテゴリー:

下町ロケット

「下町ロケット」を読んだ
著者は池井戸潤さん
銀行の話はリアリティがあり
主人公の誠実で前向きな姿が
読んでいて清々しい
半年くらい前にTVドラマで見てた
「陸王」に展開が似ているせいか
主人公は役所広司さんしか浮かばない
挿画は木内達朗さん

下町ロケット

カテゴリー:

「ただしい」疲労回復術

若い頃の運動は
「いかに負荷をかけるか」だったけど
この歳になると
「いかに疲労を抜くか」になる
当たり前のことが書かれてるけど
再確認の意味でも読んでよかった

「ただしい」疲労回復術

カテゴリー: