鳥取砂丘

鳥取市役所の社員食堂に行った
ここの素ラーメンが
「孤独のグルメ」の漫画版で登場したとのこと
どこにでもある市役所の社員食堂
一昨日食べた素ラーメンと同じ感じだった
鳥取市役所の社員食堂
鳥取市役所の社員食堂の素ラーメン

バスに乗り鳥取砂丘へ移動
「砂の美術館」が楽しみだったが
制作期間で休館だった、、、
ホームページでチェックはしていたが
企画展と常設展があるもんだと思い込んでしまった
残念すぎる
砂の美術館の入口

「砂の美術館」の目の前は鳥取砂丘
曇り空でたまに小雨も降り
風が強く、海も荒れていて寒い
こんな悪条件で砂丘を登っていると
「地獄ってこんな景色かも」と思ってしまった
でも日本海は荒れてた方が絵になる
鳥取砂丘
鳥取砂丘

観光が早く終わったので飛行機の便を早めた
手続きはスマホで出来てしまうから
便利な世の中になったもんだ
飛行機の窓から見える雲海は天国のようだった
雲海

たくみ工芸店

電車を乗り継いで鳥取に到着
なんか遠かったなぁ

まずは「武蔵屋食堂」まで歩き
鳥取のソウルフードの素ラーメンを食べる
うどんの汁に中華麺、具はないわけじゃなくて
天かす、ネギ、カマボコ、モヤシなど
なんとなく甘くて、おやつのような感じ

素ラーメン

鳥取は安西水丸さんが好きだった土地で
来たらまず寄るという「たくみ工芸店」に行ってみた
店員さんに話しかけたところ
山根窯の陶器が好きで、窯元にも行っていたそうだ

たくみ工芸店
たくみ工芸店

熊本麺旅

熊本3日目
下調べをして来なかったので
どこに行っていいのか分からず
とりあえず「熊本=ラーメン」

黒亭
熊本ラーメンで一番有名なお店
濃厚なスープを想像してたけど
脂っこくない、スッキリ感
オススメの「玉子入り」にしたら
もっとマイルドな感じになってしまった
黒亭

太平燕(タイピーエン)
空港でも熊本ラーメンを食べようと思ったが
「給食にも出る」とメニューに書いてあったので
試しに注文、、、美味い!
春雨の麺にスープと具はちゃんぽんに似てる気がした
太平燕

<追記>
「平成」という駅があったので途中下車
とくになにもないんだけど
駅前のタクシー会社が「昭和タクシー」だった(笑)
平成
平成

瀬戸内海、今治造船広島工場の景色

朝食を食べて散歩して
さよならウサギの島、、、
忠海港→忠海→三原→福山
JR呉線から見える
瀬戸内海、今治造船広島工場の景色は最高だなぁ
福山から新幹線で新横浜へ
思い出に残る旅になった
二泊三日で3食がバイキングだったので
ちと身体が重い(汗)

大久野島
忠海港
瀬戸内海と今治造船広島工場

カテゴリー:

大久野島

広島駅から電車を乗り継ぎ、フェリーに乗り
ウサギの島こと大久野島に到着(上陸)
歩いても1時間くらいでまわれる小さな島に
ウサギが約700羽も野放しになっている
ディズニーランドのことを「夢の国」って言うけど
ここは本当に夢の島
ウサギは人に懐いていて
もぐもぐ食べるところが可愛かった
戦争時は毒ガスが製造されて
悲しい過去もある

大久野島
https://www.qkamura.or.jp/ohkuno/

大久野島

男の肖像と麗ちゃん

そんなこんなで広島に到着
宮島観光の予定だったけど
曇り空で寒そうだったので、、、
ひろしま美術館に行った
丸い建物が中央にあり、広くはない
モディリアーニの「男の肖像」は観れて感激した
次に歩いて広島城を見学
こっちはまあまあ

駅に戻り「麗ちゃん」というお好み焼き屋を探すが
なかなか見つからない
着いた時は気にならなかったけど
駅が新しくなって広くなっていた
「麗ちゃん」は移転していたが、なんとか発見
今回はちょっとリッチなホテルなので
テイクアウトして部屋で食べた

男の肖像

カテゴリー:

倉敷

倉敷観光
本当は昨日の予定だったんだけど
大原美術館が休館日だったので
1日滞在を伸ばした
「もう見ないで帰ろうか、、、」
とも思ったが、見てよかった
作品のチョイスも素晴らしい!
ピカソ、マティス、モディ、棟方志功と自分の好み

その後、倉敷の美観地区を散策
入り口付近は観光客目当ての店が多く
なんとなく原宿感があって心配したけど
落ち着いた雰囲気で期待以上だった
当り前だけど蔵が多い

帰りの新幹線に乗る直前に
ホームでうどんを食べた
チェーン店なのでちょくちょく目について
気にはなってたんだけど
これがすごく美味い
讃岐が近いからかも

倉敷うどん「ぶっかけ」 ふるいち
http://www.marubu.com