アリータ:バトル・エンジェル

日本の漫画が原作になった
未来のアクション映画
ジェームズ・キャメロンが制作ということで
CGはさすがの迫力!アバターよりも好きな雰囲気!
(監督がロバート・ロドリゲスってのが驚き)
身体の一部がサイボーグのキャラクターが多く出てきて
オレの右腕もこんなふうにならんもんか、、、と思ってしまった

ラブストーリーとして見ると
女性の方が共感すると思うが、、、
強い女性に感情移入できたので
男性向きか?
続編が見たいなぁ

アリータ:バトル・エンジェル

フォードvsフェラーリ

1960年代、ル・マン24時間レースでの
フォードとフェラーリの熾烈な争いを描いた映画
車のことはよく分からないけど
とにかく手に汗する映像とストーリー
人間ドラマとしても素敵な話

とくにクリスチャン・ベールがいいなぁ〜
マット・デイモンとケンカするシーンは
ジェイソン・ボーンvsバットマン(笑)

フォードvsフェラーリ

アド・アストラ

宇宙を舞台にした親子の映画
と言って思いつくのがスター・ウォーズだけど
こっちは話がシリアスで雰囲気も違う
(どっちかというと「2001年宇宙の旅」)
宇宙空間の映像美は素晴らしいが
ちょっと話が盛り上がらない
主演はブラッド・ピット

アド・アストラ

レプリカズ

キアヌ・リーブス主演のSFスリラー映画
神経科学者の主人公は自動車事故で家族を失くし
クローン人間として蘇らせてしまうが、、、

肉体をコピーして、抽出した記憶を入れれば
クローン人間になるわけだけど
魂とか感情はどうなるんだろう
こんな時代は来るんだろうか

前半、キアヌ・リーブスがふっくらしていて
家族を失ったあたりからスリムになり
デ・ニーロ・アプローチなのか?
微妙な感じで
なんというか、格好良さが全然なかった

レプリカズ

こんな夜更けにバナナかよ

筋ジストロフィーの男性の話
大勢のボランティアに囲まれ
わがまま、自由奔放に生きる姿を
面白、可笑しく描いている

障害の種類も度合いも違うので
気安く言えるもんじゃないが、、、
自分が障害者になったばかりの頃を思い出した
わがままになったが言い出せなくて
むっつりするばかりの
幼児のイヤイヤ期のような時期があり
たくさん迷惑も掛けたし
疎遠になった友達も多い
この主人公のように、素直に言ってたら
自分もまわりもラクだったと思う

主人公を演じた大泉洋さんは適役
マルチな人だ

こんな夜更けにバナナかよ

異人たちとの夏

大林宣彦監督といえば「尾道三部作」が有名で
東京の下町の印象はなかったけど
この話は主人公が幼い頃に住んでいた浅草に
タイムトラベルするSF映画

映画の存在は知っていたけど
あまり興味がなく見ていなかったが
これが面白い!隠れた名作だ
1980年代の雰囲気も懐かしかった

今日は亡き父親の誕生日
この日にこの映画を見たのは
巡り合わせというか
SF的というか

異人たちとの夏