世界から猫が消えたなら

川村元気さんの小説の映画版を見た
不幸な話や悲しい出来事を
繋げて書けば「名作」と呼ばれたりして
「泣かせる」演出も多く
この映画もそんなところはあるんだけど
なんていうか、優しい気持ちになれた
函館の風景もよかった

世界から猫が消えたなら

STAND BY ME ドラえもん

ドラえもんの3DCG映画
監督の山崎貴さんは
日本を代表する3DCG映画監督
ドラえもんの雰囲気をそのままに
とてもほっこりする映像だった
話は映画オリジナルではなく
7つの原作をもとにしているので
自分の世代が見ると焼き直し感はある
このクオリティーで「のび太の恐竜」を作って欲しいなぁ

STAND BY ME ドラえもん

カメラを止めるな!

新宿で映画と飲みの日

たった2館での単独劇場公開からはじまり
100館以上での上映拡大となった
話題のゾンビ映画
正確に言うと「ゾンビ映画を作る人達」の話で
見終わった後は爽快感があった

カメラを止めるな!

その後は「西尾さん」という
隠れ家的なお店へ行った
静岡おでんなどの家庭料理で
雰囲気もとてもよかった

西尾さん

西尾さん
https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13026389/

男ゴコロはマンガ模様

シングルファーザーの奮闘記(?)
男目線の映画だけど
これは女(元妻)が悪い
ドラマティックな展開はないけど
双子の娘が可愛かったり
絵や服がよかったり
なんとなくいい映画

男ゴコロはマンガ模様

ジョイ

アメリカの実在の女性発明家
ジョイ・マンガーノの自伝的映画
シングルマザーが億万長者になる
サクセスストーリーはワクワクする
主演はジェニファー・ローレンス
若いのに貫禄を感じるなぁ
ロバート・デ・ニーロのキレっぷりも健在

ジョイ

犬ヶ島

日本を舞台にしたストップモーション・アニメーション
監督はウェス・アンダーソン!!!
日本というより架空の日本?(笑)
外国人が想像する日本という感じ
映像はとにかく素晴らしい
この世界観はハマるなぁ
ただストーリーはそれほど感情移入できなくて
前作の「ファンタスティックMr.FOX」の方が好き

犬ヶ島

犬ヶ島

6才のボクが、大人になるまで。

2002年の夏から2013年の10月まで
12年間撮影を続け、キャストも歳を重ねるという
サザエさんでは考えられない映画
6歳から18歳と言えば、変化の大きな時期
可愛い子役が生意気な青年になっていた

6才のボクが、大人になるまで。