「ただしい」疲労回復術

若い頃の運動は
「いかに負荷をかけるか」だったけど
この歳になると
「いかに疲労を抜くか」になる
当たり前のことが書かれてるけど
再確認の意味でも読んでよかった

「ただしい」疲労回復術

カテゴリー:

CSSグリッドレイアウト デザインブック

梅雨の貴重な晴れ間
今日は30km走を予定してたけど
13kmで左ふくらはぎに痛みが、、、
最近、いいフォームで走れてると思ったけど
ここが痛み出すのはダメな証拠

エビスコムの新刊で勉強会
「CSSグリッドレイアウト デザインブック」
いつも通りの親切で丁寧な本

CSSグリッドレイアウト デザインブック

あと今年のトマトの初収穫!

今年のトマトの初収穫

ものの見方が変わる 座右の寓話

身近にあるものや動物に例えてくれて
ものすごく簡単でわかり易い話が
実は奥が深く教訓や真理がある話
1話もすぐに読めちゃう長さで
自分にぴったりな本
風呂に入りながらKindleでちびちび読もう

ものの見方が変わる 座右の寓話

カテゴリー:

ニトロちゃん~みんなと違う、発達障害の私~

タイトルが気になって
Kindleストアの日替わりセールで購入
著者の小中学生の頃の話で
集中力や協調性がなく先生に怒られる
大げさに描いてると思うけど
子供の頃なんて本当にアホだったし
どこまでが発達障害なのか線引きが難しい
それよりも教師の体罰の話が凄まじいと思った

ニトロちゃん~みんなと違う、発達障害の私~

ニトロちゃん~みんなと違う、発達障害の私~

カテゴリー:

翻訳できない世界のことば

昨日の続きで同じ著者の本
例えばリンゴを食べたことがない人、国では
「リンゴ」という言葉がなくて
それを説明する言葉を集めた本
日本語は微妙な意味のものが多いみたいで
4つもあった

「ぼけっと(BOKETTO)」は
「なにも特別なことを考えず、ぼんやりと
遠くを見ているときの気持ち。」と単純だったり

「わびさび(WABI-SABI)」は
「生と死の自然のサイクルを受け入れ、
不完全さの中にある美を見出すこと。」
と詩的で難しかったり

もともと英語の本なので
翻訳する時にニュアンスもまた変わるわけで
そう考えるとキリがなくて面白い

翻訳できない世界のことば
翻訳できない世界のことば

翻訳できない世界のことば

カテゴリー: