ペット葬儀

シロの火葬のため
府中にあるペット葬儀の慈恵院
小さな身体が、小さな骨壺に入ってしまった
お経の間は「シロ、ごめん、ごめん、ごめん、ありがとう。」
と心の中で唱え涙が止まらない

思い出してみると、シロの体調の変化は
いくつかサインがあったと思う
水をよく飲むようになったり、体重が減ったり
走る事、仕事、絵などに夢中になり
自分の事で精一杯で重大な事だと考えてなかった

お経を詠んでくれたお坊さんの話
「自分がペットに教えてるようだけど、実は自分が教えられてる」
まったくその通りだと思った

府中駅までタクシー
窓から見える紅葉(イチョウ)がキレイだったが
「この先、なにか楽しい事はあるんだろうか」と考える、、

イチョウとシロ

シロたん

今日のお昼前に
シロは天国へと旅立ってしまった
少し寂しそうな表情にも見える
もっとはやく病気に気づいてあげれば、、
昨日会いに行ってあげれば、、絶対に待ってたはず
と後悔ばかりが思いつく

一緒に寝ようと布団の中に連れて行くが
嫌がってすぐにでてしまう性格だったのに
先月くらいから羽毛布団で一緒に寝てくれたり
最後は水を飲もうともしなかったが
自分の口からはペロペロと飲んでくれたり

いつか、こんな日が来るのは分かっていたけど
とてもつらい・・・
今日はずっと撫でてあげよう

絵のモデルにもたくさんなってくれて
ありがとう
下手でも愛情があれば、いい絵は描けるんだ

15才と9ヶ月だった

シロが入院

シロの血液検査から約1週間
状態は変わらないので再び病院で
腎臓の数値はさらに悪くなっていた・・・
家ではなにも出来ないので、入院することになった
夜は中学の友達と忘年会
ちょっと気が重かったが
同級生と飲むのは楽しい

シロの体調

昨日、シロがぐったりした感じになり
食欲もなく、震えていたので
病院に連れて行った
血液検査をし注射を2本、飲み薬ももらった
今日は食欲もあり、散歩もできたけど
まだ万全ではない様子
血液検査で腎臓の数値がよくないとの事
もう15才なので健康面で心配事も多い

シロの体調

白内障

シロのトリミングの日
最近、目が白っぽく見える時があり
獣医さんに相談したら
少し白内障になっているとの事
治療方法は目薬になるが効果は薄く
手術となると高齢で身体に負担が大きい
15歳だと対策はないらしい、、
それにしても、シロはこの動物病院が好きらしく
病院に行くと分かると足取りが軽くなる
よっぽど待遇がいいんだろうか
シロの白内障

あかしあの森

歩いてすぐのところに「あかしあの森」がある
木がものすごく繁っているのだが、、
バッサリと剪定されていた

あかしあの森

あかしあの森
森に住んでいたトトロもびっくり、、

あかしあの森
じゃなくて、シロもびっくりだった