角館の武家屋敷

秋田観光をどこに行くか決めてなく
予備知識がないので買ったばかりのガイドブックを見たところ
角館の武家屋敷は「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」の
ロケ地として使われたとのことで興味が湧いてきた
歴史には詳しくないが・・・
「みちのくの小京都」とよばれるだけあって歴史を感じる
シダレザクラやモミの大木も素晴らしい
桜や紅葉の季節になると観光客が多くなるそうで
今日は平日だし、人も少なくてよかった

遅めの昼食にきりたんぽ鍋を食べた
練り物の印象があったが、手作りのきりたんぽは素朴で
どちらかというと鍋に焼きおにぎりが入った感じ
美味しかった

角館観光は歩いて散策
その後、「秋田新幹線こまち」で東京へ
東北はもっと遠いイメージがあったけど
新幹線を使えば安くて近いと思った
【メモ】
東京→大阪(約2時間45分13,620円)
東京→角館(約3時間16,810円)

角館観光Navi
http://kakunodate-kanko.jp