CAFE513

コガシゲノリのホームページ

翻訳できない世界のことば

投稿日:

昨日の続きで同じ著者の本
例えばリンゴを食べたことがない人、国では
「リンゴ」という言葉がなくて
それを説明する言葉を集めた本
日本語は微妙な意味のものが多いみたいで
4つもあった

「ぼけっと(BOKETTO)」は
「なにも特別なことを考えず、ぼんやりと
遠くを見ているときの気持ち。」と単純だったり

「わびさび(WABI-SABI)」は
「生と死の自然のサイクルを受け入れ、
不完全さの中にある美を見出すこと。」
と詩的で難しかったり

もともと英語の本なので
翻訳する時にニュアンスもまた変わるわけで
そう考えるとキリがなくて面白い

翻訳できない世界のことば
翻訳できない世界のことば

翻訳できない世界のことば

-

執筆者:

関連記事

no image

さよならペンギン

あんまりべた褒めするのも なんか違うよう気もするし だけどやっぱりすごい絵本で 1976年に出版されたが絶版になり たくさんの経緯があって復刻版が出来上がり それが手元に届いた! 内容は・・・旅?言葉 …

no image

マンガで分かる肉体改造

暑い、、 今年の夏は猛暑らしい 糖質制限をはじめてから、身体が熱く感じる事がある 糖質制限の本は何冊か読んだけど このマンガが一番分かりやすくて説得力がある

no image

HTML5&CSS3デザインブック

お気に入りのエビスコムの書籍 パラパラ立ち読みした感じだと 前に買った内容に似ていたので 買わなくても、、と思ったが購入 読んでみると、やっぱり知らない事や新しい事 知っていたけど「あやふや」だった事 …

no image

黒い島の秘密(タンタンの冒険旅行)

誰もが知っているタンタン まだちゃんと読んだ事がなかった ベルギーに行った時、空港にもお店にも あっちこっちにタンタンの絵があって マンガ博物館まであった 帰国したら読もうと思って 2年も経ってしまっ …

no image

ブラックジャックによろしく

佐藤秀峰さんの医療マンガを読んだ 手塚治虫先生の「ブラック・ジャック」とは関連はない 研修医が医療現場で悩み考えて奮闘する話 とても重い内容なんだけど こうしてマンガになると読みやすく勉強にもなる 1 …

アーカイブ

↑ページのトップへ