CAFE513

コガシゲノリのホームページ

映画

手紙は憶えている

投稿日:

主人公は90歳の認知症の男
妻に先立たれ、友達から手紙を託され
戦争時代にアウシュヴィッツ収容所で家族を殺した
ナチスの兵士を探す旅に出る、、、
とても脚本が練られていて
謎解きの要素もあってテンポがいい
ラストは予想できなかった
戦闘シーンはないが深い戦争映画だと思う
主演はクリストファー・プラマー

手紙は憶えている

-映画

関連記事

no image

悪人

タイトルの「悪人」は 主人公の青年を指しているわけだけど 「本当の悪人とは?」と考えてしまう 爽やかな妻夫木聡さんの変貌ぶりもよかったが まわりのベテラン俳優の演技が圧倒的に素晴らしい

アリスのままで

アリスのままで

言語学者のアリスが若年性アルツハイマー病になる話 病気にどう抵抗するかというより どう向かい合って、家族として受け入れるか 3人の成人した子供がいるが 苦しいながらもとても愛情深い映画 とても勉強にな …

no image

15歳、アルマの恋愛妄想

ノルウェーの田舎に住む15才の少女の話 日本に住む40過ぎのオッサンが この映画の感想を書くのも気持ち悪いけど・・・ 15才の妄想なんて、少し変態なくらいが健全だと思う ちょっと面倒で雑に見てしまった …

マン・オブ・スティール

マン・オブ・スティール

「スーパーマン」のリメイク 「鳥だ!飛行機だ!いや、スーパーマンだ!」 というのがこの映画(1979年版)の名セリフだが 今回のはそれどころの速さではない 戦うシーンも街全体が破壊される迫力 新聞記者 …

ねじ式

ねじ式

つげ義春さんの漫画の映画版 「無能の人」や短編の漫画は好きだけど 「ねじ式」はアングラ感が強すぎて・・・ でも引き込まれて見てしまう 本を読んでから映画を見た方がいいと思う 「必殺するめ固め」とか映画 …

アーカイブ

↑ページのトップへ