CAFE513

コガシゲノリのホームページ

映画

この世界の片隅に

投稿日:2017年8月8日

昭和19年に広島市呉に18歳で嫁いだ少女を描いた
アニメーション映画
絵はとても優しくてほのぼのとしているが
話は厳しく、どこまでも残酷
もちろの当時の広島を正確に描けば
何十倍も残酷な絵になるのだけど、、、
とにかく泣ける

「火垂るの墓」と一緒に学校で見せるべきだと思う
2015年2月に広島原爆ドームや呉を見たので
余計にこの映画が悲しく感じた
これからの人に広島に行って欲しい、映画も見てほしい

この世界の片隅に

-映画

関連記事

禁じられた遊び

禁じられた遊び

昔、はじめてギターを練習する時は 必ずこの曲だった(今はどうなんだろう?) 映画の主題歌とういのは知っていたが あまりにも暗そうで見てなかったけど 仕事の資料ではじめて見た(まさかこの歳で見るとは) …

テルマエ・ロマエ

テルマエ・ロマエ

人気マンガの映画化 古代ローマ時代の浴場設計技師が 日本の浴場にタイムスリップ(?) キャストも顔の濃い役者ばかり 小ネタが満載で面白かった 原作のマンガも面白そうだ

ノーベル殺人事件

ノーベル殺人事件

ノーベル賞の受賞パーティで起こった殺人事件 女性新聞記者が犯人を目撃してしまう話 スウェーデンのサスペンスといえば 「ドラゴン・タトゥーの女」を思い出すが それに比べると意外性がなく物足りないけど ス …

no image

コンテイジョン

致死性ウイルスが世界中に拡散してしまうパニック映画 ずっと前に「アウトブレイク」という映画ががあった その映画と比べるとインターネットが普及している現代の 情報の広がり方の恐ろしさも描いている ドキュ …

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

最初から最後までおバカ映画 アメリカにはこんな映画が多いけど この映画はストーリーもしっかりしていて 謎解きのような面白さもあって 見終わった後味もいい はじめは日本での上映予定がなかったが ネットで …

アーカイブ

↑ページのトップへ