CAFE513

コガシゲノリのホームページ

きりひと讃歌

投稿日:

手塚治虫さんが1970〜71年に描かれた漫画
奇病「モンモウ病」の原因究明のため
繰り広げられる人間ドラマ
医学界の権力闘争や
偏見や差別との戦い
とても奥深く、余波が続いて
どう解釈していいのか、、
やっぱり手塚治虫さんはすごい

きりひと讃歌

-

関連記事

no image

しつこい疲れは副腎疲労が原因だった

「副腎(ふくじん)」という臓器が疲れると だるい、イライラ、集中力低下を起こし さらに進行するとめまい、だるさ、鬱の原因に、、 んな臓器は始めて聞いた とても詳しく書いてある本で参考になった でも実践 …

no image

海賊とよばれた男(下)

かなり美談に書かれてるんだろうな と思いつつも、胸が熱くなる人物 出光興産創業者の出光佐三さんをモデルに書かれた小説 今の社会で同じことをすると損すると思うが どんな時代でも「反骨精神」と「人間尊重」 …

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─

ペリリュー ─楽園のゲルニカ─

水木しげるさんの「総員玉砕せよ!」や「敗走記」と比べると 絵も可愛くて迫力がないけど 可愛いだけに切なくなってくる 戦争って、、、人の命をなんだと思ってるんだ 昭和19年、夏。 太平洋戦争末期のペリリ …

食べても痩せるアーモンドのダイエット力

食べても痩せるアーモンドのダイエット力

「食べても痩せるアーモンドのダイエット力」 という本を読んだ 「看板に偽りなし」というか アーモンドの栄養や魅力に書かれていて ダイエット効・美肌・老化に効果があり 特に女性に人気がある 著者がアーモ …

もしドラ

昨日の日記の続き 多分、この本を読んだ人は 自分の状況に置き換えて読んだと思う 学校だったり会社だったり 自分は「イラストレーターがドラッカーを読んだら」 と置き換えてみたら なるほどと思うとこもあれ …

アーカイブ

↑ページのトップへ